会長挨拶

広島県トレーナー協会 浦辺 幸夫

 
広島県トレーナー協会は、すでに25年以上の歴史をかさねています。全国でも、同様の集まりがあると思いますが、スポーツ選手や愛好者をサポートしたいという熱意の元に、様ざまな職種が協力しているのが、最大の特徴です。
25年のなかではいくつもの困難がありましたが、それを会員や周囲のサポートで解決し、より発展的に進めている現状です。特に、広島県を中心に開催される、各種スポーツイベントでのサポートが多くなりました。重大事故を最小限に抑えることに貢献できたというような例があり、一人一人は小さな力でも、私たちが揃えば社会に大きな貢献ができると確信しています。
協会員の多くが国民体育大会のトレーナーとして参加しています。それらに対応できるように、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの取得や、独自の認定トレーナー制度により、質の確保をめざしています。
広島は「他者のために役立ちたい」という気概にあるれた人がとても多いように思います。これからも、一層の努力をして行きます。2020年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。広島県トレーナー協会の会員もどんどん活動の輪が広がっております。
どうぞ、私たちの会を共に成長させるためにあなたのお力をおかしください。

平成30年9月
広島県トレーナー協会会長 浦辺幸夫